魅力あふれる中国路山陽・山陰の名刹古刹37ヶ寺を結ぶ巡拝ルート
中国観音霊場 CHIGOKU KANNON REIJYO
お問い合わせ
寺院紹介&マップ 巡拝のススメ 活動紹介 友好交流について 中国観音霊場 トップページ
寺院紹介&マップ
 
名刹古刹37ヶ寺
岡山県
広島県
山口県
島根県
鳥取県
年間行事
案内マップ
 
札所一覧
岡山県
第一番 西大寺
第二番 餘慶寺
第三番 正楽寺
特別霊場 誕生寺
第四番 木山寺
第五番 法界院
第六番 蓮台寺
第七番 円通寺
広島県
第八番 明王院
第九番 浄土寺
特別霊場 西國寺
第十番 千光寺
第十一番 向上寺
第十二番 佛通寺
第十三番 三瀧寺
第十四番 大聖院
山口県
特別霊場 般若寺
第十五番 漢陽寺
第十六番 洞春寺
第十七番 龍蔵寺
第十八番 宗隣寺
第十九番 功山寺
第二十番 大照院
第二十一番 観音院
島根県
第二十二番 多陀寺
第二十三番 神門寺
第二十四番 禅定寺
第二十五番 鰐淵寺
第二十六番 一畑寺
第二十七番 雲樹寺
第二十八番 清水寺
鳥取県
第二十九番 大山寺
第三十番 長谷寺
第三十一番 三佛寺
特別霊場 摩尼寺
第三十二番 観音院
第三十三番 大雲院
中国観音霊場会事務局
(第28番札所 清水寺内)
〒692−0033
島根県安来市清水町528
TEL. 0854‐22‐2151
FAX. 0854‐22‐2107
明王院 浄土寺 西國寺 千光寺 向上寺 佛通寺 三瀧寺 大聖院
弘法大師の霊跡加持祈願の寺
西國寺 金堂(本堂) 摩尼山 総持院 西國寺
特別霊場
真言宗醍醐派大本山
御本尊 如意輪観世音菩薩・薬師如来 開山・創建 行基菩薩・天平年間(729年頃)
御詠歌 にしおもう こころのほかに みほとけの くにをたつねて いつちゆくらむ
 
尾道三山の一つ愛宕山を背にし
その名は「西国一の寺」に由来する
 西國寺は天平年中、行基菩薩創建と伝えられ、真言宗醍醐派の大本山である。
 治暦2年の罹災後、平安朝白河天皇の勅命によりまた正和元年花園天皇より綸旨を受け、法燈は高く輝き、伽藍の規模は正に西国一という意味を込め、西國寺と名付けられ、天仁元年には、勅願寺となる。
 治暦炎上により本尊行基作薬師如来は焼滅したが、永保元年、讃岐善通寺の七仏薬師のご一体が紫雲に乗って来飛、金堂に安座され賜うと伝えられる。現在の本尊・薬師瑠璃光如来である。
 境内の平地面積は、15700平方メートルに及ぶ。
 観光尾道のシンボルとされる長さ約2メートルの大草履の仁王門をくぐり、108段の石段を登れば、緑の中に朱塗の金堂・三重塔・大師堂・不動堂・持仏堂等が並び、さらには幕末の哀歌を語る大方丈と華麗な密教伽藍を配し、眼下に横たわる尾道水道と共に、絢爛たる一大絵巻が四季折々に展開される。
 弘法大師の霊跡として、加持祈祷の道場として年中多くの善男善女を迎えている。
代表的寺宝 金堂(重文)、三重塔(重文)、仁王門(県重文)、
秘仏・薬師如来坐像(重文)、銅製五鈷鈴(重文)
錫杖(重文)、松虫の鈴


健脚祈願の象徴・大草履がある
『仁王門』


足利六代将軍・義教の
寄進と言われる『三重塔』

初祈祷火渡り柴燈大護摩法要
 
年中行事・月例行事
1月 1日〜7日 新春吉祥護摩祈祷会  
  8日 初祈祷火渡り柴燈大護摩法要 金堂・境内
2月 3日 星供節分会 金堂
4月 21日

春季戦没者慰霊祭
花供養・正御影供庭儀大法要

 
5月 3日

毘沙門天大祭

 
7月 第1日曜 七夕きうり封じ祈祷会  
  28日 土用護摩祈祷会  
8月 21日 盆月大師施餓鬼法要  
9月 9日 大般若経転読法要  
10月 5日 秋季戦没者慰霊祭  
  20日 土砂加持法要  
12月 21日 納め大師法会  
  28日 納め不動祈祷会  
  31日 除夜の鐘・おはやし護摩  

毎月 8日・18日・28日 八の日不動護摩祈祷会  
21日 弘法大師御影供法会  
毎日 午前9時〜 不動護摩祈祷会  
 
巡拝ガイド
■住所 〒722-0044
広島県尾道市西久保町29-27
■TEL 0848−37−0321
■FAX 0848−37−0615
■拝観・納経 9:00〜16:30
■拝観料 500円
■駐車場 10台(無料)

西國寺(広島県尾道市西久保町29−27)の地図を表示中です。
しばらくお待ちください。

●交通アクセス 電車/JR山陽本線・尾道駅からバスで西国寺下車、徒歩5分
   JR山陽新幹線・新尾道駅からタクシー、 約15分  
    車/山陽自動車道・尾道IC あるいは福山西ICから 約15分
 
前の札所へ
第9番・浄土寺

1km(約20分)
  次の札所へ
第10番・千光寺

2.5km(約20分)
 
ページトップ▲
Copyright(C) 中国観音霊場会 All rights reserved.