検索

第一番札所高野山真言宗別格本山

金陵山西大寺(さいだいじ)
西大寺

奇祭で知られる裸祭りの寺

御詠歌

みほとけの めぐみもふかき あしだがわ ぐぜいのふねや とうとかるらん

御本尊
千手観世音菩薩
開山・創建
藤原皆足・安隆上人・天平勝宝3年(751年)
代表的寺宝
朝鮮鐘(国重文)、三重塔(県重文)金陵山古本縁起(県重文)、石造七重層塔(県重文)、本堂(市重文)、会陽絵馬(市重文)、普賢十羅利女図(市重文)、仁王門・鐘楼門・牛玉所殿・奥殿・右門・六角経蔵・高祖堂(国登録有形文化財)

天下の奇祭として世界的に名を轟かす裸祭りそれが西大寺の会陽

1200年の歴史を誇る西大寺は、千手観世音菩薩様をご本尊として祀り、古来より大変信仰されてきました。町衆の暮らしにも影響を与え、門前町として広がりました。 岡山県三大河川の一つ吉井川河口は、瀬戸内海に注ぐ水運の要衝にあって、また深い観音信仰と相まって発展してしてきたことは現在の古い町並みをもって、十二分にうかがい知る事ができます。広い境内には本堂をはじめ仁王門・石門・三重塔・大師堂・経蔵・客殿・鎮守堂などが配され歴史の深さ、大変な繁栄ぶりが偲ばれます。 鎮守堂には、一山の守護神である牛玉所大権現と金毘羅大権現が合祀され、会陽(裸祭り)は牛玉信仰が特異な行事に発展したもので、その起こりは開山住職・安隆上人が修正会を催したことによります。 ともあれ町中にあって吉井川河畔に映る情景は、現代人の心を揺さぶるに足りる憧憬とも言えます。

吉井川畔に堂塔伽藍が鎮まる

観音院の通称で親しまれる西大寺

宝木(しんぎ)を奪い合う天下の奇祭西大寺会陽(国指定重要無形民俗文化財)

年間行事(2022年)

1月 正月三ヶ日
初詣 開運初護摩供:境内
2月 第3土曜
会陽(裸祭り):境内・本堂
3月 第1日曜
大柴燈護摩供
7月 第3土曜
夜待ち祭り
8月 第3土曜
水祭り(盂蘭盆会)

月例行事

毎月 17日
観音護摩供
毎月 21日
弘法大師写経会
毎月 1日
権現 お朔日参り護摩供

巡礼ガイド

住所
〒704-8116 岡山県岡山市東区西大寺中3-8-8
TEL
086-942-2058
FAX
086-942-1955
拝観納経
8:30~17:00
拝観料
本堂内部など500円
駐車場
100台(無料)
メール
saidaiji8010@gmail.com
公式ホームページはこちら
face youtube

交通アクセス

お車でのアクセス

山陽自動車道・山陽ICから県道37号線経由 約30分

電車でのアクセス

JR赤穂線西大寺駅から徒歩 約10分

バスでのアクセス

西大寺バスセンターより徒歩10分

お問い合わせ

各種イベントや巡礼用品についてなど、お気軽にお問い合わせ下さい。

お電話でのお問い合わせ

086-728-2102

受付:9:00~17:00(平日)

フォームでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

受付:24時間