検索

特別霊場真言宗御室派

神峰山 用明院般若寺(はんにゃじ)
般若寺

般若姫を祀る灯台の寺

御詠歌

ひとたびは なみにゆられし つきかげも はんにゃのみねに すみのぼるかな

御本尊
聖観世音菩薩
開山・創建
慧慈和尚・用明天皇御宇(586年)
代表的寺宝
用明天皇念持仏、勅額、三光石般若姫像、梵鐘

寺院からのお知らせ

現在新着情報はありません。

「般若姫伝説」として今も語り継がれる

般若寺は、その名が示しますように用明天皇(聖徳太子の御父君)の勅願で、若くして亡くなられた般若姫の菩提を弔うため、姫の父である豊後の国(大分県)の満野長者が聖徳太子の師、慧慈和尚という方を開山として創建した真言宗の古いお寺です。   慧慈和尚より今に至るまで代を重ねること90代、年月を経ること実に1400年になります。当初は三輪宗のお寺でありましたが、第9代住職に弘法大師の弟君・真雅和尚をお迎えして真言宗に改宗されました。   大内氏、毛利氏の時代は代々にわたって崇敬、保護を受け、大内氏の時代には寺領7000石、毛利氏の時代には百町歩の寺域を賜ったといわれます。1山120ヶ寺の末寺があったといわれますから、この近辺では並ぶものの無い大きなお寺であったわけです。   峯には金毘羅社、三鬼神堂、薬師堂、求聞持堂等々があったと伝えられておりますが、残念ながら江戸時代に大火災にあい、殆どを焼失いたしましたが、その後再建されました。

本尊聖観音を祀る般若姫の化身ともいわれる

年間行事(2022年)

1月 正月三ヶ日
開運厄除け祈祷会
1月 7日
初観音御縁日
2月 3日
星祭り
4月 18日
土砂加持法要
5月 10日
般若姫忌日墓前供養
7月 24日
施餓鬼法要・無縁仏慰霊祭
8月 24日
水子地蔵盆法要
9月 17日
妙見祭り
12月 31日
除夜の鐘

月例行事

毎月 1日・15日
報恩日
毎月 7日・24日
毎月縁日

巡礼ガイド

住所
〒742-1104山口県熊毛郡平生町宇佐木1166
TEL
0820-56-3636
FAX
0820-56-3749
拝観納経
8:00~17:00
拝観料
無料
駐車場
120台(無料)
メール
yasumasa890@gmail.com
公式ホームページはこちら
face insta youtube twitter

交通アクセス

お車でのアクセス

車/山陽自動車道・玖珂ICから県道70号、県道7号、国道188線経由 約40分

電車でのアクセス

電車/JR山陽本線・柳井駅からタクシーで 約20分

お問い合わせ

各種イベントや巡礼用品についてなど、お気軽にお問い合わせ下さい。

お電話でのお問い合わせ

086-728-2102

受付:9:00~17:00(平日)

フォームでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

受付:24時間