検索

第三十二番札所天台宗

補陀落山 慈眼寺観音院(かんのんいん)
観音院

霊験顕著で名高い出世観音の寺

御詠歌

くもりなき ふだらくさんの つきかげは だいじだいひの じげんなりけり

御本尊
聖観世音菩薩 阿弥陀如来 通称/出世観音
開山・創建
宣伝法印・寛永九年(1632)年
代表的寺宝
名勝観音院庭園・キリシタン灯篭

寺院からのお知らせ

現在新着情報はありません。

自然の傾斜地を利用した名勝観音院庭園で心落ち着ける。

観音院は、太閤ヶ原(たいこうがなる)、本陣山などの連なる鳥取市東部を囲む丘陵地の山裾にあり、すぐれた環境に支えられている。名勝に指定されている林泉庭園が有名である。   岡山の藩主池田忠雄が寛永九年(1632)年に薨ると、嫡男光仲が三歳で家督を嗣いだが徳川幕府(てだれ)の政策から〝備前は手先の国なれば幼少にて叶うべからず〟との達しで、因幡・伯耆の二州に国替された。ときに宇喜多興家・直家の菩提寺であった。岡山・露月山・光珍寺四世宣伝法印は、光珍寺を弟子豪弁(後の観音院二世)に譲り、帰依僧として随伴を命じられ、城山に近い栗谷に寺地を与えられて雲京山・観音寺を興し、城山より出現の聖観世音菩薩の尊像を賜り本尊とした。その後栗谷の寺地は御用地となり、寛永十六(1639)年頃上町の現在地に移り伽藍を整備し、補陀落山・慈眼寺・観音院と号した。   光仲は殊のほか観音信仰に篤く、祈願所として庇護し御越年と九月に城内長久・万民安楽の祈祷を修していた。宝永六(1709)年二代藩主綱清の代に藩の祈願寺となり寺格の高い「八ヶ寺」の中に列した。明治維新に藩の祈願寺は廃せられたが、寺壇の協力・人々の信仰に支えられてて稍稍殷盛をたどり現在にいたっている。

名勝観音院庭園

山門

通称「出世観音」と呼ばれる聖観音菩薩像

年間行事(2022年)

1月 1日
修正会
3月 彼岸中日
彼岸法要
8月 20日
盆施餓鬼法要
8月 24日
秋葉山祈祷護摩
9月 彼岸中日
彼岸法要
11月 24日
天台大師会
12月 31日
除夜の鐘

月例行事

現在月例行事はありません。

巡礼ガイド

住所
〒680-0015鳥取県鳥取市上町162
TEL
0857-24-5641
FAX
0857-24-5641
拝観納経
9:00~17:00
拝観料
大人650円、小人350円/ 抹茶付
駐車場
有り (14台 無料)
メール
-

交通アクセス

お車でのアクセス

車/JR山陰本線鳥取駅下車 タクシー8分

バスでのアクセス

バス/JR鳥取駅から100円循環バス「くる梨」赤コースで8分、山の手会館前下車、徒歩4分

お問い合わせ

各種イベントや巡礼用品についてなど、お気軽にお問い合わせ下さい。

お電話でのお問い合わせ

086-728-2102

受付:9:00~17:00(平日)

フォームでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

受付:24時間